FC2ブログ

住宅リフォーム専門店 松美堂 のBLOGです。

Natural Life & Interior ♪インテリアと自然についてのブログ。しかし、迷走します。

先日、TOTOの営業の方が来られて新商品の案内パンフを置いて行かれました。
それはもーカッコいい新型トイレのパンフです。
top_main.jpg
パッと見たときは「WWWWoooo!!!かっこええやん!」って食いついてしまいましたが。。。
「このハイデザイン。。生かせるかな。。」と。。。。
しかし、度々カタログ見返して色々イメージしてみたんですが。
これはもー従来の当たり前なトイレスペースから卒業して
もっと複合的なサニタリーエリアという考え方にシフトするべきかも!
今では当たり前のLDKというスペースも昔はバラバラに間仕切られてましたよね
台所と食事場と居間はすべて襖やガラス障子で間仕切ってありましたが
しだいに台所と食事場は一つの部屋にまとめられて
今では、料理をするのも食事をとるのもくつろいで団欒するのも全ておなじ一つの部屋でするようになりました。
不思議なことに結構富裕層なお宅でもこのスタイルが多いんですよね~
欧米では中流階級以上の戸建て住居では14㎡以上のキッチンルームと17㎡以上のダイニングルーム
そして二つを凌駕する大きなリビングルームがあるのが一般的なようです。
さらに大きなクロークやクローゼットルームまであるとなるといったいどんなお屋敷やといいたくなります。
あー日本の国土の狭さを痛感致します。
話が脱線しましたが、冒頭のカッケー便器を考察していると
日本の住宅事情にこれらのパターンをはめ込む事が案外出来るんじゃないかと思っちゃいました。
今、日本の不動産業界やリフォーム業界を騒がしてる(言い過ぎです)ニュースといえば
空き家、古屋問題だと思います。
団塊世代の方たちの全盛期はバブル期で、当時の住宅販売規格も80坪前後の広い土地
建築も大き部屋数も多い物が多かったと思います。
しかし、子供たちが成人すると別で家を建てて核家族化する。
広い家に夫婦2人で生活することになり、管理ができないとマンションに移住。
という流れが多いと思います。
同じ面積でも部屋の数とボリュームをコントロールして属性を多様化すれば生かせるのではないか?
小さい部屋をいくつも管理(置いてある物を把握したり掃除などのメンテナンス)するより
少ない数の大きな部屋の方が管理が楽ですよね。
リビングや応接スペースだけではなくて、水回りも同じことが言えるように思うわけです。
浴室と洗面洗濯サニタリーとレストルーム(トイレ)は3坪くらいですべてまとめて大きなスペースで区切る
大家族で水回りを使うタイミングが重なるような生活習慣から抜け出ている世代のご家庭なら
このスタイルは管理しやすい上にすっきりとしたラグジュアリースペースを作り出せます。
大空間なら換気システムも組みやすくて湿気・カビ対策も万全ですしね!
そんなスペースなら新型NEOREST NX。最高にアリだと思います。
#リフォーム #neorest #neorestnx #renovation #間取りプランニング 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inochinokaze.blog24.fc2.com/tb.php/90-d43ca543

重松 大介 (Shigematsu Daisuke)

Author:重松 大介 (Shigematsu Daisuke)
有限会社松美堂
代表取締役

こんにちは。京都の芸術系短大を卒業後、意匠デザイン・建築デザインを経て
今は神戸のリフォームスペース「松美堂」でデザイン兼現場監督(?)しています主に住環境を扱っています
自然素材系リフォームやCS(化学物質過敏症)の為のリフォーム
環境循環型住空間などナチュラルな住空間の為のリフォームをお勧めしています。
スクラップ&ビルドに見切りをつけて長寿命住宅の為のリフォーム、ハリボテではない本物素材を使った住空間作りを心掛けています。

この人とブロともになる

直接のご相談やリフォームのご依頼はこちらまで!

名前:
メール:
件名:
本文: