FC2ブログ

住宅リフォーム専門店 松美堂 のBLOGです。

Natural Life & Interior ♪インテリアと自然についてのブログ。しかし、迷走します。

儚き人生

月に1~2度ほど訪れるBarが神戸元町にあります

僕の呑みに行く頻度から言えば行き着けと呼べるのではないでしょうか

今日も(とは言ってももう昨日ですが)久々にソコへ行きました。

少し早い目からデザインの同志でもあるバーテンさんとデザインの話から始まり

人が集まり始めてからは「人生の濃度」についての話題へ…

この「濃度」とはイコール「食」であると仮定してですが、

生涯を通して「旨いもの」をどれほど食べれるのだろう???

人が健康で旨いものを旨いといって健やかに過ごせるまでの時間は

平均しておよそ75歳位までだそうです。

僕の場合、残りの人生で50年ほど。

年に1度フグを食べたとしても丸1っぴきは食べないわけで

2年に1っぴきくらいの計算にすると単純に25匹ほどしか食べれない!

牛一頭が500キロで一皿100g。一回で500g食べるとして

年に10回焼き肉屋に行っても5kg

焼き肉屋で牛一頭食べようと思ったら100年かかる訳です!

家庭での牛肉料理を含めても一生でようやく一頭分の牛肉を食べてるくらいのもんでしょう

どうでもイイような計算かも知れませんが、はたして牛肉の生産はそんなもんですんでるのでしょうか?

今日の話題の中でも出てきましたが、日本人は食品の大よそ全体の1/3強を廃棄処分しているそうです。

食品の90%を海外からの輸入に頼っている我が国の現状を考えると

納得出来ない数字だとは思いませんか?

日本人は比較的「旨いもの」「いい物」に対しての探究心は旺盛だと思いますが

短い人生。限りある資源を有効に使い、後世に残していかねば!

無駄のない賢い資源の使い方を追求するべきではないでしょうか?

日本人は本来その知恵を持っていたはずなのに…

旨いものを知り、いい物を永く使う価値ある民族への道を模索する事が

現代の生活のあり方なのではないでしょうか。